RSS| My Yahoo!に追加

アーカイブ

ボーイスカウトとは

ボーイスカウトの各部門

ボーイスカウトは年齢(学年)ごとに部門(隊)に分かれています。
各隊では、それぞれの年代の子供たちに見合った活動をしています。

■ビーバースカウト

ビーバー

小学校就学前(年長さん)の9月から、小学2年生の8月まで。

ビーバースカウトの「やくそく」と「きまり」をもとに、自然の中で仲良く元気に遊びます。
小学校低学年までの児童の特質を十分に踏まえて、その成長や、この年代に応じた社会性を高めるために、次のような3つのことに“ねらい”をおいています。

・みんなと共になかよく遊ぶ。
・自然に親しむ。
・楽しみや喜びをわかちあう。

■カブスカウト

カブ   カブ   カブ

小学2年生の9月から5年生の8月まで。

カブスカウト隊では、戸外を中心とした活動に参加することによって、よい社会人としての基本を学ぶことができます。

・ 楽しく遊びながら、自分で考え、自分のことは自分ですること。
・ みんなでルールをつくって仲よく遊ぶこと。
・ 自然や社会とふれあうこと。

このような活動を通して、フェアプレイ、正義、忍耐、誠実、友愛、協調、責任などを学び、自立心や創造力を養います。

栃1カブ隊のホームページはこちら

■ボーイスカウト

bs   bs   bs

小学5年生の9月から中学3年生の8月まで。

班および隊の活動に参加することによって、自分の役割を果たし、野外活動を主とした体験学習を通して、よい社会人としての資質の向上を図ります。

・班制度を活用し、自発活動によって個性を伸ばす。
・進歩制度を活用し、自発活動による知識・技能を身につける。
・集会を通じスカウトあるいは班相互の刺激により意識をの高める。

■ベンチャースカウト

中学3年生の9月から20歳未満まで。

高校時代を中心とした期間を対象としています。
ベンチャースカウト隊では、「班」という固定された小グループは編成せず、個々のスカウトが自主的な課題に挑戦するための「活動チーム」を組みます。

活動の目的は、「社会に役立つ技術・国際感覚を身につけ、自分で考え、自分で行動する青年」を育成することです。

■ローバースカウト

18歳以上。

「自己啓発と心の訓育」により、社会に奉仕できる精神と体力を養うことを主眼としています。
あまり形にとらわれることなく、自分のため、団のため、そして社会のために活動します。

■指導者(リーダー)

   

本職の教育者もいますが、多くは普段はさまざまな職業についている普通の大人です。
共通しているのは、皆子供たちが大好きで、スカウト運動に情熱を持ち、無報酬で奉仕しているボランティアであることです。
リーダーは、それぞれの年代の子供に見合った専門の研修や、訓練を受けています。
スカウト出身者はもちろん、子供の活動を見ているうちに興味を持って、そのまま指導者になってしまったという保護者の方も大勢います。

投稿日:2008.03.28